ブログ小説 ーユメコイー

私は目覚める  -5-


  2月30日
 彼女はいまだ眠り続けている。

 Sleeping Beauty  眠り姫

 俺は彼女をそう呼ぶことにした。
 
 


 ────。




 男はいつの間にか、喋りかけるのを諦めたようだった。

 ざっ、と言う音が鳴った。

 男はそこに腰を下ろして、空を見上げていた。

 私と同じように、空に吸い込まれるように────。

 私もまた、空へと意識を戻す。

 空は変わらず、ゆっくりと雲が流れる。

 太陽は、時折雲間に隠れてはまた、顔を出す。

 時がゆっくりと流れる。









  3月4日
 買い物から帰ると、部屋から声が聞こえた。

 部屋を一通り眺めてみたが特に人らしき影は見当たらない。

 まさかと思い駆け寄ると、期待通りだった。

 目の当たりにした時、胸が高鳴った。

 眠り姫がついに目を覚ました。

 まだ声が上手く出なかったらしい。

 眠り続けていたせいだろうか?

 彼女はすぐにまた眠ってしまったけれど、今までと明らかに違う点がある。

 寝返りを打つようになったようで、時折衣擦れの音が聞こえてくるようになった。

 眠り姫がもうすぐ目を覚ます。

 早くその日がくるといい。

 本当に心からそう思う1日だった。

 


 ────。




 どれくらいの時が経ったのか、男のごそごそと動く物音で意識が覚醒しだす。

 何かを喋ろうとして、躊躇って、口を閉ざす。

 「なぁ、お前は・・・・」

 ふと、声を掛けてきた。

 戸惑いと躊躇いからか、遠慮がちな声。

 不思議と、さっきみたいに過剰な反応はしなかった。

 ゆっくりと空から視線をはずして、男の顔を見る。

 振り返りざま、髪がふわっと舞う。

 風が優しく吹いて、二人の間を駆け抜ける。

 髪を纏めながら、男をじっと見つめる。

 「あ~・・・いや、その~・・・」

 頭を掻いて、迷いながら聞いてくる。

 「聞いても・・・いいかな?」

 「・・・・・なに?」

 「───空って、何でこんなに広いんだろうな。・・・あ~、いや、特に意味は無いんだけどな。その、なんて言うのかな────」

何故か焦ったように言い訳をはじめている男を、私はじっと見る。


(この人は何が言いたいのかな?)


 なんだか焦っている様子をじっと見ていると、頬の筋肉が緩んでいく。

 それがどんな表情を作っているのかよく分からないけど、なんとなく顔を前に向ける。

 男からは顔が見えない位置にする。


 (人には───見せたくないなぁ・・・・)


 気持ちを誤魔化すように、悟られないように、空を見上げる事にした。

 風が吹き、服がたなびいてぱたぱたと音が聞こえる。

 草のすれあう音。

 呼吸の音と、鼓動の音。

 耳に入ってくる全ての音が、優しさに溢れている感じ。

 「なぁ・・・」

 声が耳に届いただけで、身体が大げさなほどに反応した。

 なにか、その先の言葉を拒否するように。

 「──────っ」

 身体が僅かに震えだして、歯がカチカチとなる音が聞こえる。

 「─────・・・・。」

 声が最後まで聞こえなかった。

 否、聞こえなかったと思い込もうとした。

 その言葉は私の心に重くのしかかってきて。

 その言葉を忘れ去ろうとして、私の意識は遠のく。



 ────────。


 
 そうして私は、再び目覚める。
[PR]
by kioku-tobira | 2006-07-25 03:28 | 第一章 私は目覚める
<< 第一章 私は目覚める  -6- 私は目覚める  -4- >>



何をするにもまったりな管理人が描く、よく分からない小説です(。・ω・。)ぅぷぷ
カテゴリ
全体
管理人からお知らせ
序章 私は失った。
第一章 私は目覚める
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ブログ小説  -片翼の双天-  管理人のもう一つのブログ小説デス

☆今まで と これから☆ 管理人の日常を綴った日記デス

VAGRANCY(音楽素材デス)

最新のトラックバック
gwmjgij1
from gwmjgij1
恋愛を成功させるおまじな..
from 【おまじない・お守りくらぶ】..
新作の時計やブランド時計..
from 時計カテゴリー:ファッション..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧