ブログ小説 ーユメコイー

<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

私は目覚める  -5-


  2月30日
 彼女はいまだ眠り続けている。

 Sleeping Beauty  眠り姫

 俺は彼女をそう呼ぶことにした。
 
 


 ────。




 男はいつの間にか、喋りかけるのを諦めたようだった。

 ざっ、と言う音が鳴った。

 男はそこに腰を下ろして、空を見上げていた。

 私と同じように、空に吸い込まれるように────。

 私もまた、空へと意識を戻す。

 空は変わらず、ゆっくりと雲が流れる。

 太陽は、時折雲間に隠れてはまた、顔を出す。

 時がゆっくりと流れる。

More
[PR]
by kioku-tobira | 2006-07-25 03:28 | 第一章 私は目覚める

私は目覚める  -4-


  2月26日
 今日も、何事も無く過ぎていくようだ。

 何事も無く・・・


 
 彼女をベッドに寝かせて、丸1日がたった。

 しかし、彼女は目覚めない。

 目覚める気配が、一向に感じられないのだ。

 呼吸はしている。

 脈拍も、多少弱いが安定している。

 いつ目覚めても、おかしくは無い状態のはず。

 彼女は一体、いつ目覚めるんだろうか?




────。

More
[PR]
by kioku-tobira | 2006-07-23 17:20 | 第一章 私は目覚める

私は目覚める  -3-


  2月25日
 散策中、不思議な少女を発見した。

 彼女は、森深くに倒れていた。 

 彼女の身を包んでいた薄手の青白い服。

 上から下までつながっていて、ワンピースのような形状だった。
 
 年齢12~15歳

 身長約130cm

 比較的痩せ型で、髪は腰あたりまで伸ばしている。

 外傷は特に無し。

 ただし、あちこちに打ち身や打撲らしき跡がついている。

 脈拍は正常値より多少下回っているものの、問題というレベルではないだろう。

 簡単な診察をしてみた結果としては、特に異常も見られない。

 行き倒れかどうかとも思ったが、そう決めるのはまだ早計だろう。

 しばらくは、様子見が必要そうだ。

 なぜ倒れていたのか、色々と不思議な点がいくつかあるが、どれも彼女が目覚めなければ分
からないことだ。

 彼女が目覚めたら、聞いてみる必要がある。




────。

More
[PR]
by kioku-tobira | 2006-07-01 00:16 | 第一章 私は目覚める



何をするにもまったりな管理人が描く、よく分からない小説です(。・ω・。)ぅぷぷ
カテゴリ
全体
管理人からお知らせ
序章 私は失った。
第一章 私は目覚める
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ブログ小説  -片翼の双天-  管理人のもう一つのブログ小説デス

☆今まで と これから☆ 管理人の日常を綴った日記デス

VAGRANCY(音楽素材デス)

最新のトラックバック
gwmjgij1
from gwmjgij1
恋愛を成功させるおまじな..
from 【おまじない・お守りくらぶ】..
新作の時計やブランド時計..
from 時計カテゴリー:ファッション..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧